30代になってから、かなりスキンケアにはこだわろをもっています。まず、大切にしているのが、お風呂から出たらすぐにスキンケアをするということです。

これは本当に大切でどんなに高いスキンケアであってもお風呂から出て、30分ぐらいだらだらと他の事をしているとその間に肌の水分がどんどんと奪われるからです。

まずお風呂から出たらすぐに髪はタオルドライしてとりあえずリビングに行きます。お風呂に入る前に用意しておいたスキンケアセットと、スチーマーを使います。

スチーマーをあてて肌を柔らかくしてからスキンケア開始です。まずは化粧水をコットンパックします。スチーマーをあてながらコットンパックした肌をじっくりと温めていきます。

とっても心地よいです。だいたい5分ぐらいしてからコットンをとり、次に美容液を2プッシュぐらい出してたっぷりと塗っていきます。

美容液は、夏は美白タイプ、冬は保湿重視タイプのものを選ぶようにしています。美容液は特に成分が濃いので目的別で使い分けるのがおすすめです。夏はオールインワンジェルのシズカゲルを使っていまいた。

オールインワンと言っても、シズカゲルは美容液としても使えるので、集めのケアをしたい人にとってはとても便利。

そして次に目元用の美容液を塗ります。そして最後にクリームでふたをするかんじです。この間もずっとスチーマーを当てながらのスキンケアになっています。

スチーマーを当ててスキンケアをするようになってから、次の日までかなりしっとり感が継続するんです。

普通にスキンケアすると寝る時にすでに目元が乾いたかんじなってしまったりしていたのが、悩みだったのですがそれがなくなりました。